カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

松村 美玲

みなさんがステンドグラス作りを楽しんでいただくことが私の楽しみ☆よろしくお願いいたします。
15年前の写真です(*^▽^*)
ステンドグラスMILLE

店長日記はこちら

2019年10月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2019年11月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
営業時間10:00〜16:00 日曜・月曜 定休日 ステンドグラス体験は13:00開始になります。

売れ筋商品

Feed

ガラスの分類 〜透明度〜
トランスルーセント 背景が見える透明ガラス
自然光がよく通るので窓パネル等で中心的に使用される
オパールセント 背景が透けて見えない不透明ガラス(乳白色ガラスの意味)
ティファニーランプで有名なルイス・C・ティファニーが開発
主にランプに使用される
反射光でも色が見えるのが特徴(トランスルーセントの場合、背景が暗いとガラスの色がよく見えない)
白熱灯を通すととても美しい(反射光では見られない、ガラス内部の色味も浮かび上がってくる)
白熱灯と蛍光灯ではまったく色味が違う場合があるので、ガラスを選ぶ際には要注意

ガラスの分類 〜製法〜
オパールセント
アートガラス
(ハンドロール)
職人の手作業による味わい深いガラス(→製作工程 ヤカゲニー社のページへ
マシンロール すべての工程を機械化し大量生産されたガラス
安価でカットしやすいが、やはり大変な手間をかけてステンドグラスを作るからには物足りないでしょう。
トランスルーセント
アンティークガラス 一度は失われた、昔ながらの宙吹き製法を再現して作られたガラス(→製造工程 ランバーツ社のページへ
非常に透明度が高く、また不均一な厚みが濃淡を作り出し美しい
生産効率の悪さゆえ、今後ますます入手しにくくなっていくと思われる
高価
キャセドラル 教会のステンドグラスに使われたガラスを指す言葉だが、一般的にはマシンロールのトランスルーセントのこと

ガラスの分類 〜テクスチャー〜
リップル 表面が波打ったようにでこぼこしている
グラニド グランド(土面)のようにざらざらした表面
ヘリンボーン へリンボーン(ニシンの骨)のようなでこぼこした表面
フラクチャー 違う色のガラスチップが表面に散らしてある
モトル 透かして見るとぽつぽつと色の抜けている模様があり、モトル(苔)が生えているように見える
スムースキャッツポウ キャッツポウ(猫の足跡)のような斑点模様がある
ストリーキー 2〜3色の色がマーブル状に混ざったもの
特にトランスルーセントの場合に単色のみのガラスと区別して言う
グルーチップ 表面を膠を使って処理する事により、表面が引きつった感じが鳥の羽を散らしたようで美しい
フラッシュドガラス 色の違うガラスを2〜3層合わせたガラス。きせガラスともよぶ。
表面を削って下の層の色を見せるエッチングに使われる

ガラスメーカー独自の加工名はこの他にもたくさんあります。


ガラスメーカー
ヤカゲニー (米) アートガラスの種類が豊富
和紙のような素材感のある「ステップル」がめずらしい
ティファニーランプレプリカ向けのシリーズがある
シカゴアート (米) アートガラスの種類が豊富
全体的に透けのが強いのが特徴
プレーリースタイル用のシリーズやティファニーランプレプリカ向けのシリーズがある
オセアナ (米) アートガラスの最高峰といわれている
近年開発された900番台はとくに人気
ウロボロス (米) モトルの味わいが人気のガラス
フラクチャーを扱う
ブルザイ (米) キャッツポーの味わいが人気のガラス
ココモ (米) アメリカ最古参のメーカー
マシンロールが中心
ウィスマーク (米) マシンロールが中心
スペクトラム (米) マシンロール中心の大量生産メーカー。品質安定
水の流れの模様の入ったバロックがおすすめ
ディザーク (独) ニューアンティークガラスの色数豊富
フリモント (米) アンティークガラスを製造
サンゴバン (仏) 表面模様の面白い型板ガラスが豊富で、建築に多く使用されている
リンズ (米) アートガラス中心
ティファニーレプリカランプのガラスをこだわって生産